文:@gaki 様
絵:新参者
------------------------------------------------------------------------------------
ここまでのあらすじ:聖美さんのことを考えながら寝たら、聖美さんが夢に出た。スカンクコスで。

「それで、どうして私、スカンクになってるんですか……?」

それは、あなたのおならがそれはそれは臭かったので、その印象が夢に反映されたんじゃないでしょうか、とは言えない。言ったら、またお仕置きされてしまう。

「これが、あなたの私に対するイメージなんですね……。分かりました」

あ、これ、考えたことが夢のストーリーに反映されちゃうやつだ。

「女の子をスカンク扱いする人は、お仕置き、です……」

反映されてしまった。墓穴を掘った。
お仕置きは受けたくなかったが、僕は、まるで決まっているストーリーに抗えないゲームキャラのように、抵抗むなしく、聖美さんのむっちりとしたふとももに挟まれてしまった。僕の鼻先に、ヒクヒクしているものがある。これは、聖美さんの……


「今の私は、スカンクだから、おならの臭いも、すごいことになっちゃってますよ……」

えっ、僕そこまで想像してないですよ!?それただのコスチュームじゃないの!?着た人のガスを強化する効果とか、あるの!?

「前に、ちょっとだけ、したときよりも、ずっと臭いと思います……。あなたが想像しているより、もっと……。覚悟は、いいですか……?」

想像を超えると宣言されてしまった……。うう、覚悟、しなきゃ。覚悟……

 スゥゥ~~~~~~~~~~~~
 フォフッ
 ムッスウゥーーーーーーーーーーーーーー…………ーーーーーーー
 フスカァーーーーーーー……
skunk_satomi01

僕の鼻先にある、聖美さんのお尻の奥から、真っ黄色をした猛毒ガスが大量にあふれだした。スカンク聖美さんの、強烈な4連発のすかしっぺは、聖美さんの豊かな尻肉に拡散を阻まれて、僕の鼻腔に殺到した。そして、僕の鼻を、肺を、思考回路を、黄色く塗りつぶしていった。

僕は、死ぬほど猛烈な臭いの暴風を受けたが、夢の中だからか、聖美さんのおならが臭すぎるからか、気絶してこの地獄から逃避することもできなかった。

聖美さんがつぶやく。

「……ふぅ。反省しましたか?私でヘンな想像をしたら、次はもっと嗅がせちゃいます……。覚えておいてくださいね」

朝起きてからも、僕は、その夢をはっきりと憶えていたのだった。
skunk_satomi02

------------------------------------------------------------------------------------
いつぞやのスカンク聖美ちゃんに@gakiさんがSSをつけてくださいました。
せっかくなのでイラストの方もざっくり色付きにしました。
夢の中でもいいからこういう目にあってみたいものです……!
 

描きためてたラクガキとか。

・スカンク先生
スカンク先生
やんちゃな子供オオカミ君もしっかり叱ってあげる優しいスカンク先生。
一度もお叱りを受けることなく卒業して、逆に性癖が歪んでしまった優等生ワンちゃんとかが教え子にいそうとかそんな話があったりなかったり。

・ 続・ツインテ拷問官
ツインテ拷問官2
いつぞやのツインテ拷問官ちゃん。水責め水車&オナラ責め。
彼女にとっても最上級かつお気に入りの拷問方法の一つ、みたいな。

・ディナータイム
ラクガキ2016-10-16
カレシとの楽しいディナータイム。 
翌日に濃厚なステーキガスを嗅がせてあげるまでがデートです(ぉ
こんなですけどそれなりに良好な関係、のはず。

・カレンと夕渚
karen_and_yuna
初めはカレン単体の絵だったんですが、いつの間にかこうなっていましたw
お気付きかもしれませんが夕渚(ゆうな)ちゃんはこの記事の番長を沈めてた女の子です。

 

HAPPY HALLOWEEN!(一日遅れ)
halloween


1日遅れなうえにラクガキレベルですが生存報告も兼ねて。
すっかりブログ更新が止まってしまってました。
ラクガキはちょくちょく描いてるので今週末くらいにちょろっと更新するかもしれませんが、
今回はこれだけで! 

↑このページのトップヘ